お金を借りる

キャッシングと即日借入サービスの使い方

キャッシングというものは簡単に借入が出来るサービスが最近どんどん増えてきているのですが、便利なサービスも多くあるので使いやすさが人気の秘密ともなっています。

 

キャッシングには銀行系ローンと消費者金融の二つがありますが、特に消費者金融系は金利が高いというイメージからちょっと敬遠しがちだと思われています。ですがその反面としてキャッシングの消費者金融には審査時間がとても短いという点がメリットとなっており、さらには即日借入サービスまでもが最近では簡単になってきました。

 

即時借入サービスを利用する簡単な方法としては、まずは無人契約機に実際に行って手続きをするものがあります。ここで一つ気を付けたいのは消費者金融の借入希望額ですが、これは50万円を超えると収入証明が必要となるので、即時で借りたい場合には注意しましょう。無人契約機での契約の場合だと大体一時間ほどで審査がおわりその場でカードが発行されるので、すぐに借入が出来るので便利になります。

 

また最近だとインターネット上での手続きや申し込み方法でも、即日借入が出来るようになりました。こちらは実際の口座に振込依頼をするか、あるいはインタネットバンキングの口座で振込依頼かになります。

 

前者の場合に銀行の営業時間が存在しますので、おおよそ午後二時までに審査を通過して振込依頼を出さないといけません。インターネットバンキングの場合にはもっと受付時間が長いところが多いので、持っているのならばこちらで即日借入をするのが良いでしょう。

カルキ臭さの抜けたコーヒーを楽しむ為に

我が家のドリッパーでコーヒーを淹れる際は、時間やコストの節約という事もあり大抵身近な水道水を利用していました。

 

確かにその状態でも十分美味しいのですが、やはり淹れた直後にほんのりと漂ってくるカルキ臭さだけは避けられないもの。これまでは全く気にならなかったのですが、ここのところ疲労やストレスも多く感じる様になって、そのカルキ臭ささえだんだん許せなくなってきてしまいました。

 

もう少し濃く淹れたり、また淹れた直後でミルク等で臭い消しをしたり、といった対策も一応考えたものの、結局根本である水から替えなければ解決しない、という結論に達し、先日からコーヒー用にわざわざミネラルウォーターをボトルで買い込み、毎朝それで淹れる様になったのです。

 

その結果、確かに今迄あった若干のカルキ臭さや生臭さといった不快感は消え、純粋に淹れたてコーヒーの風味だけを味わえる様になりました。

 

淹れてからしばらく時間を置くと、以前はそのカルキ臭さが強調されてくるケースも多かったのですが、そもそもその様な心配も無くなり、しばらく時間を置いても普通に温め直したり、またアイスコーヒーにも転用出来る様になったのは嬉しい点。オフには屋外に持ち出し楽しむ事も出来る様になりました。

 

肝心なコストですが、こちらは一般の飲用と並行し上手くミネラルウォーターを飲み分け節約を図ってゆくより方法はありません。むしろ自宅にいる時は、積極的に水の代わりにコーヒーを飲めばフォロー出来る筈。必然的に口の中が苦い時間帯は長くなりますが、元々コーヒー好きなのでそれ程気にならない…でしょう。

キャッシングとは安心を買う、保険の様なものなのですっ!

キャッシングとは保険の様なものであると私は考えています。

 

何故かというと、確かにキャッシングをするには手数料が取られるので多くの人は「損じゃん、手数料ゼロで銀行からおろせばいいじゃん」と思うかもしれませんが、普段から財布に多額のお金を持っていると強盗やスリに目をつけられ、狙われてしまうのです。

 

盗まれたら、ほぼ100%損であり、その事を考えると現金の手持ちが足りなくなった時だけキャッシングをするという行為は安全の面を考えても正しい行動であると私は思います。

 

何年か前に某芸人さんがテレビでポケットに100万円を入れていつも持ち歩いているといって見せびらかしていましたが、案の定その後、強盗に襲われたそうです。

 

外国、特にアメリカなどもそうなのですが、現金を多量に持ち歩いていると強盗にあったらほぼ泣き寝入りなのですが、これがクレジットカードですとクレジットカード会社にすぐに連絡を入れてカードを止めてもらえば金銭的な被害は最小限の現金のみとなります。

 

キャッシングをするという行為は、どうしても現金が足りなくなった場合に数百円から数千円の手数料を払って安全を買うという行為であり、クレジットカードで決済できる場合はそちらを優先して(手数料はほとんどの場合かからない)使い、どうしても現金が足りなくて現金でなければ支払いその他ができない場合のみに使うという保険の様なものという位置づけが正しいのであり、数万円の現金とクレジットカードを持ち歩いていれば強盗被害を最小限に食い止められるのです。

手数料ゼロでモビットの返済をする方法

モビットの返済方法には、口座振替と銀行振込そしてATMの3種類があり、返済日は振込方法と関係無く月3回の5の付く日と月末の何れかになります。

 

どの返済方法をとるかは利用者の便利がいい方法を考えて選んでいくかたちになりますが、手数料を減らしたり楽に返済をてきる方法を考えて、どの返済方法が自分にあっているかを検討して決めていきます。

 

まずモビットの返済を口座振替で行なう場合ですが、口座振替を行なえる銀行は決まっていて、手数料は無料になりますが、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行のどちらかの口座からでしか行なえません。

 

口座引き落としにするための手続きが必要になりますが、一旦口座振替にすれば毎月指定した日に引き落としされるので、返済が楽になります。

 

デメリットは、切り替えの手続きに2ヶ月ほどかかってしまうということと、返済が楽ということは前日までに入金することを忘れてしまう危険性が高いということがあります。

 

モビットの返済を銀行振込で行なう場合は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行のどちらかを振込先にして振込みを行います。

 

振込手数料は銀行間や時間帯によって違いますが、なるべく手数料を抑えるためにどの銀行から振込むかを考える事も重要になります。

 

例えば楽天銀行に口座を開設している人は、ハッピープログラムに加入していて給与の入金先や公共料金の支払先に指定されている口座であれば月に3回まで手数料が無料になり、楽天ポイントもついてきます。

 

じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行への振込みに対して、24時間手数料無料で行なうことができます。

 

ATMでの支払いはモビット専用のATMはないので、コンビニや地方銀行そして、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行のATMを利用して支払います。

 

手数料は他行や時間帯で手数料が変わりますが、例えばコンビニの場合FamiポートやLoppiのようなマルチメディア端末で支払うと、手数料は無料になります。

更新履歴